日本の小紋柄

海外での生活が長くなるにしたがって、日本文化に対する敬意が深まってくるものです。日本に住んでいたころは、若かったのと、忙しかったのとで、改めて日本文化について深く考えたりしませんでした。残念なことをしたなと思っています。

毎年、1〜2週間、日本の家族や友人に会うために帰国しています。少し前に日本から戻ってきました。ゼンタングルを描くようになってから初めての帰国だったのですが、今回の旅を通して、どうして自然とゼンタングルに心が惹かれたのか、少しわかったような気がします。

日本では、様々な場面で繊細な模様を見かけます。いわゆる小紋柄ですね。着物の生地や日本建築の中に古くから取り入れられてきたものです。今は亡き祖母が日本舞踊を教えていたので、着物を日常的に目にして育ちました。そういえば、ゼンタングルっぽい小紋柄もあったな…と懐かしく思い出します。

日本は伝統的な古き良きものと近代的な新しいものを組み合わせるのが上手だと、外国の方々からの賞賛を受けています。まさにその例と言えるものが、2013年にオープンした大阪駅前グランフロントのエスカレーター横にありました!

これは伝統的な日本建築で使われる欄間をモチーフにしたものではないでしょうか。欄間とは、自然の光を室内に取り入れ、部屋の換気をよくするために、壁(天井と鴨居の間)に設けられる開口部材のことです。奈良時代から寺社建築に、平安時代から貴族の住宅建築に、江戸時代から一般住宅に取り入れられるようになったそうです。格子状のシンプルなものから、下の写真のような木彫りの繊細なデザインまで色々な欄間があります。

新築の家に見かけることはほとんどなくなりましたが、田舎の方の古い家や、寺社でよく目にします。豪華かつ繊細な欄間を彫ることができる職人さんが減っているのと、かかる手間暇を考えると、手彫りの欄間はけっこうなお値段になるそうです。京都の高島屋で、5代目の職人さんと少しお話しする機会がありました。現在受注・製作中の、とても大きな木彫りのパネル(欄間と呼んでよいのかちょっと不確かです)の写真を見せていただきました。実際の寸法は覚えていないのですが、大きな部屋の壁一面ぐらいかなと思います。ちなみにお値段は、そこいらの一軒家が買えるぐらいです。お金って、あるところにはあるんですね…

一般庶民の私は、職人さんのデザインしたコースターを2枚買って大満足です。これは手彫りではなくレーザーを使って作ってあるので、お手頃価格で購入できます。ゼンタングルをご存知の方にはお馴染みの、クレセントムーンやキーコのようなパターンが見受けられますが、どちらも日本に古くからある小紋柄です。ちなみに、クレセントムーンっぽいのは青海波、キーコっぽいのは市松という名称の小紋柄です。

今流行っているのか、色々な場面で同じ小紋柄を頻繁に見かけました。麻の葉と呼ばれるもので、カバン、テレビ番組のセット、コースター、そして炭酸水のボトルにまで使われていました!

日本の伝統的な小紋柄とゼンタングルのパターンをどうやって組み合わせようかな?とワクワクしています。

思いがけない展開

最近、これは楽しそうだなと思うのに、二の足を踏んでしまうことが増えたような気がします。学生時代はバックパックと片道の航空券を手に、知らない国に数ヶ月の旅に出ることができたのに…。知り合いがいなくても大丈夫。言葉なんてどうにかなる。恐怖心ゼロというわけではなかったけど、若かったんだなぁ。

この当時は、まだインターネットや携帯は一般に普及していませんでした。旅行先の情報収集は、もっぱらガイドブックや口コミから。現地に行ってみないとわからないことがたくさんでした。今は何でもインターネットで調べられる時代なので、旅立つ前に何から何まで情報を集めることができて、とっても便利です。しっかり予定を立てて、無駄なくスムーズに旅することができます。でも、予想外の出来事の方が、かえって思い出深いものになったという経験はありませんか?

少し前に、お友達から「Women’s Wellness Weekend」というYMCAのキャンプに誘われたのですが、あまり気乗りがしませんでした。せっかくの週末はのんびりしたいし、特に親しい友達でもないし、3日間もキャビンで寝泊まりか…など色々な理由があります。でも、自分と正直に向き合った時、これは未知に対する恐怖心からではないかと気づきました。恐怖心から何かを諦めてしまう人にはなりたくない!という思いから、ちょっと頑張って行ってみることにしました。

当日は、雨の中、2時間車を走らせて、夕食ギリギリにキャンプに到着しました。夜はダンスパーティーがあったのですが、のんびりしたい派なのでパーティーはスキップしました。

翌朝、雨がキャビンを叩く音で目覚めました。夏以外はほとんど毎日雨というシアトルに十数年住んでいますが、雨の音は今でも大好きです。ちなみにブログのタイトル「Pebbles and Drops」は、雨の音からもインスピレーションを受けています。友達と森の中を散歩し、アーチェリーに挑戦し、バレリーナの練習を基盤にした”Barre”というエクササイズのクラスに参加し、ヘナタトゥーのレッスンを受け、とっても充実した1日を過ごしました。

そろそろ、リラックスしたいなと思って、食堂でゼンタングルを書いていると、食堂にやってきた友達に興味津々で教えて〜とお願いされました。というわけで二人でゼンタングルを書いていると、会ったこともない人たちが、何やってるの?私もやってみたい!という風に声をかけてくれ、想定外の展開になっていましました。認定講師の資格を取るまでは、正式なレッスンはできないのですが、大好きなゼンタングルをたくさんの人と分かち合うことができました。来年は、インストラクターとしてキャンプでレッスンをしてみようかな?なんて思っています。

過去のポストで、「ゼンタングルを描いてみてビックリ」という経験について書きました。今回、ゼンタングルを試してくれたみんなも、何だろこれは?という感じで始めたのですが、描き進める中で、それぞれが自分なりのリズムを発見し、目の前の紙とペンに完全に意識を集中していました。「できあがった作品は、素敵なおまけだと思ってください」とも書きましたが、みんなの作品を見てくだい!初めてとは思えない美しい仕上がりです。Cindy、Kam、Marie、Danitra、Anna、Meagan、Maria、ゼンタングルを教える機会を与えてくれてありがとう。

自分から心を開けば、思いがけないことがめぐってくるのですね。

ゼンタングルと茶道

ゼンタングルって何?みたいなことについて、前回のブログポストで軽く触れました。ひとつひとつのステップについては、また別のブログポストで説明しますと約束したので、忘れてしまわないうちに書きますね。

ゼンタングルメソッド:

1. 心を落ち着け、感謝の気持ちでスタート

ZentangleMethod1今この時に感謝の気持ちを込めて、ゆっくり深呼吸しましょう。これから使う道具を感謝の気持ちで手に取りましょう。ゼンタングルタイルは綿100%、高品質のしっかりとした紙で、劣化の原因となる酸性成分を使用せずに作られています。角が丸く、周りがガタガタなのは、ゼンタングルは完璧を追求するものではないことを忘れないようにとの意図からです。ピグマシリーズのペン(日本国内で販売されているものは、左の写真とケースのデザインが異なる)は、顔料インキを使用した耐水性、耐光性のあるペンで、プロのイラストレーターさん達にも愛用されています。この紙とタイルを使えば、いつまでも色あせしない作品を描くことができます。今回は、タイルの裏側にサインと日付を入れましたが、場所、その日の気持ちなど、思い出になることをメモしたりもします。

2. 四隅に点を描く 

ZentangleMethod2鉛筆で、四隅に小さな点を描きます。タイルの四隅あたりのどこかに4つ点を描くだけです。あまり濃く描かないのがポイントです。簡単でしょ?

 

 

 

 

 

3. ボーダー(外枠)を描く

ZentangleMethod3次は、鉛筆で4つの点をつなげて、ボーダー(外枠)を作ります。この時、まっすぐの線を引く必要はありません。ふんわり曲がった線や、ぐにゃぐにゃの線、まっすぐっぽい線など、その日の気分で描いてください。写真の例では、まっすぐっぽい線にしてみました。

 

 

 

 

4. ストリング(セクション分け)を描く 

ZentangleMethod4続けて、鉛筆で適当に何本かの線を描きます。交差したり、ぐるっと回ったり、本当に何でもOKです。無限の可能性があります。深く考えず、幼心に戻って、自由に描いてください。ボーダーとストリングによって、小さなタイルの上のスペースが、さらに小さなセクションへと分けられます。初めからセクションに分けてしまうことで、途中で全体の構成に気を取られることなく描くことができます。写真の例では、ジグザクの線を描いてみました。

 

 

 

5. 各セクションにタングル(パターン)を描き入れる

ペンに切り替えて、選んだパターン(タングルと呼びます)を各セクションに描いていきます。ここでも、あまり深く考える必要はありません。サイコロを転がしてタングルを選んでもいいんですよ。(公式サイトで販売されているゼンタングルキットには、本当にサイコロが付いてきます)いきなりペンで描くなんて…間違ったらどうしよう?なんて少し心配ですか?ゼンタングルは完璧を追求するアートではないということを思い出してください。ゼンタングルを描く時、間違いというものは存在しないのです。「あっ、しまった」と思った時こそ、自分らしいスタイルを発見するチャンスなのです。

ZentangleMethod5

A.  Crescent Moonというタングルを左下に描きました。

B. 別のセクションに、少しスタイルを変えて再びCrescent Moonを描きました。

C. 右上にBeelineを描き、残ったセクションをHollibaughで埋めました。

 

6. 陰影をつける

ZentangleMethod6インターネットや布地のデザインなど、ゼンタングルっぽい素敵なデザインを色々な場所で目にしますが、陰影のない平らなデザインが多い気がします。陰影をつけることで、奥行きのある大胆な作品へと大変身します。タングルの中に自分らしさを表現するチャンスでもあります。陰影の有無で、どれだけ違いが出るか、今回の例でも明らかですね。

 

7. イニシャル/ サインを入れる

ZentangleMethod7あと一歩!プロのアーティストみたいに作品にサインしましょう。ゼンタングルタイルは、9センチ x 9センチの小さな作品なので、小さなイニシャルがぴったりかなと思います。

 

 

 

 

 

8. 作品を鑑賞する

270418ichigoichieひとつの事が終わると次へと急いでしまいがちですが、ここで一息ついて、自分の作品、一緒に描いた場合は仲間の作品を鑑賞し、ゼンタングルというアートを通して感じたことを大切にする時間を少し持ちましょう。

一期一会は茶道に由来することわざですが、茶会に限らず、この時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものだから、この一瞬を大切にしようという含意で用いられます。

戦国時代の茶人、千利休の言葉とされています。茶の湯は日常の俗世を離れ、仏教の修行のような生活を理想としています。また稽古は知識で覚えるのではなく、体を通して会得していくもので、座禅を組みながら修行を深めていく方法にも似ています。千利休も禅の修行を受け、禅の思想(精神)を経験しています。茶の湯の醍醐味は、お茶の味ではなく、茶席に招かれ、茶席を去るまでの体験そのものにあります。亭主・客ともに一瞬一瞬の時間を大切にすることが、茶道の醍醐味です。作品そのものではなく、作品ができあがるまでの一瞬一瞬の時間を大切にするゼンタングルと似ていますね。

ゼンタングルとは?

「もうすぐゼンタングル認定講師になるんよ」と言うと、困惑した表情をされることが多々あります。これって、「テコンドーの選手になろうと思って」みたいな響きなのかもしれません。「ドー」って言うくらいだから、合気道みたいな武術系?「ゼン」って言うくらいだから禅と何か関係があるの?なんとなく知ってるような気がするけど、はっきりとしたイメージが浮んでこない…

「ふーん。おもしろそう。ところで…」とスルーされることも時にはありますが、大抵は「ゼン…?なにそれ?」と聞かれます。そうなると、ゼンタングルとは何かという説明をする重荷…いやいや嬉しい機会となります。

ゼンタングルの創始者による定義をざっくりと日本語に訳してみました。

“ゼンタングルメソッドでは、デザインされたパターンを使って美しい作品を作ります。気軽に、リラックスしながら楽しむことができ、誰にでも美しい作品を作れるようになっています。集中力と創作性を高め、何かを創るという満足感を与えてくれるだけでなく、幸福度アップにもつながります。 幅広いスキル、趣味、年齢の人たちが、世界中でゼンタングルを楽しんでいます。” – Zentangle.com

私なりの説明としては、「えっと、めっちゃ簡単で誰にでもできるよ。パターンを繰り返しながら、作品を作っていくねん。私がゼンタングルっていいなぁって思うのは、作品そのものじゃなくて、作品を作る過程に重きが置かれてるところ。リラックスできるし、集中力も高まるよ。メディテーションとかマインドフルネスみたいな、心のエクササイズ的な要素もあって、気持ちを落ち着けてくれるねん。試しにやってみない?」みたいなことを言って、iPhoneを使ってオンラインや私自身のアルバムから、ゼンタングルの画像を見てもらいます。

携帯って本当に便利!百聞は一見にしかずとはまさにこのことですよね?でも最近、この画像を見せるという行為は、実は逆効果なのではと思いはじめました。作品よりも、作品を作る過程の方が大事って言ったばっかりでは?確かに素敵な作品がたくさんありますが、完成した作品の画像からは、作り手のたどった道のりは伝わってきません。ゼンタングルは、鑑賞するためのものではなく、実際に作って楽しむためのものなのです。できあがった作品は、素敵なおまけだと思ってください。

自己紹介のページにも書きましたが、私も、実際に入門クラスでゼンタングルメソッドに従って描いてみてビックリという経験をしました。ゼンタングルメソッドは、簡単な8つのステップから成ります。ひとつひとつのステップについては、また別のブログポストで説明しますが、概要はこんな感じです。

  1. 心を落ち着け、感謝の気持ちでスタートする
  2. 四隅に点を描く
  3. ボーダー(外枠)を描く
  4. ストリング(セクション分け)を描く
  5. 各セクションにタングル(パターン)を描き入れる
  6. 陰影をつける
  7. イニシャル / サインを入れる
  8. 作品を鑑賞する

ね、簡単でしょ?次はどうしようとか、ごちゃごちゃ考えなくていいんです。他の人が描いた作品を見てるだけでは、うわー上手、私には無理に決まってると思って諦めてしまいがちです。私も、実際にやってみるまでは、そんな風に思っていました。でも、誰だって何か楽しいことに挑戦したいとか、生活の中に美しい何かを取り入れたいという気持ちはありますよね?

ところで、テコンドーってオリンピックの公式種目だって知ってました?オリンピックというと、ついつい金メダルの数に目がいってしまいますが、IOC会長による以下の言葉が、今もオリンピックの精神として受け継がれているのは、非常に意義深いことです。

“オリンピックで重 要なことは、勝利することより、むしろ参加することであろう。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。” – オリンピックの精神(1908年)

ゼンタングル vs 大人の塗り絵

最近、流行ってますよね、大人の塗り絵。ここ数年、日本でもアメリカでも、本屋とか文具店とか色んなところで目にするようになりました。

小さい頃、時間が経つのも忘れて、ぬりえをしていたのを思い出します。大人になってから使う機会があまりなかったからか、色鉛筆ってだけで懐かしい気分になっちゃいます。そういえば、いつも噛んでたな…とか。

実は、私も買おうかな…と思って、お店でパラパラっと塗り絵のページを見たことがあります。さすがに大人の塗り絵というだけあって、とっても綺麗なデザインだったのですが、最初のわくわく感が少しずつ消えていきました。子供の時はあんなに楽しかったことなのに、大人の私は余計なことを考えてしまいます。

この塗り絵、細かいなぁ。色鉛筆をしょっちゅう削らんと、はみ出るやん。12色だけやったら物足りへんけど、他の色まで買い揃えてたら結構な出費になるよなぁ。ペンを使ったら、きっと裏ににじみ出るやろうし、それもイラっとするわ。一枚にどれくらいの時間がかかるんやろう? 塗り絵してる時間なんてあるん?時間の無駄やないの?塗り絵したところで何のためになんの?

大人になると、色々なことが無駄に複雑です。

というわけで、塗り絵を買うには至りませんでした。

大人の塗り絵の人気の秘密はどこにあるのでしょう?塗り絵アプリまで出るほどの人気です。(これは塗り絵をする時間がない人のためでしょうか?)きっと、みんなリラックスしたいんですよね。時には自分の世界に浸りたいんですよね。石ころを蹴りながら歩いていたら、あっという間に家に着いちゃったとか、外で縄跳びしてて気がついたら日が暮れていたっていう経験ありませんか?時間が経つのも忘れて何かに没頭できるって、大人にとってはある意味で究極の贅沢です。締め切りに追われてがむしゃらに仕事をするとか、ぼーっと連続ドラマの録画を何話も立て続けに見るとか、たしかに時間はどこかへ行ってしまいますが、あー楽しかったとは思いませんよね。

それに、何かを創りたいという気持ちが、誰の中にでもあるのではないでしょうか?ゼンタングルは、パッと見は大人の塗り絵に似ています。誰にでもできるし、リラックスできるという点では、確かに似ています。しかし、もっと奥が深いのです。毎回、ゼンタングルを描くたびに新しいことを学びます。大量に印刷されたコピーでなはなく、ひとつひとつが自分オリジナルの作品なのです。

少しだけ塗ってみて放置状態になっている塗り絵の本が家にあったりしませんか?大人の塗り絵ブームは、そのうち去っていくのではないかと思います。塗り絵がつまらないと言っているのではありませんが、もう少し創作的なことをやってみたいという人は、ゼンタングルにトライしてみては?

ゼンなのにタングル?

ゼンタングルという言葉を初めて友人から聞いた時の反応です。

日本の皆さんには馴染みの深い「禅」ですが、英語でもそのまま “zen” と言います。禅とは仏教の一派のことで、禅寺や禅庭園を訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。ゼンという言葉は、意外と英語の会話での方がよく耳にする気がします。”That’s zen – ゼンだよね” とか “I feel very zen – ゼンな気分〜” という風に使われています。ニュアンスとしては、細かいことにこだわらない、落ち着いた心理状態、すっきりした感じと言えばよいでしょうか。

“tangle” は、ひものもつれとか、人間関係のごたごたを指す単語で、とにかくゴチャゴチャした感じです。

この2つの単語って、まったく正反対なのでは?水と油みたいなものでは?というのが正直な第一印象でした。でも、そこにこそゼンタングルの面白さがあるんですよね。ゼンタングルは、シンプルなパターン(タングルと呼びます)を繰り返すことで作り上げるアートです。この、シンプルなパターンを繰り返すという制作過程で、心が落ち着き、ゼンな気分になれるのです。

ヨガに例えられることもあるようです。ヨガの醍醐味は、どれだけ体が柔らかくて見栄えのいいポーズができるかではなく、呼吸法や、精神状態、集中力などにあります。ゼンタングルでは、作品の完成度ではなく、制作過程そのものを大切にしています。ゴチャゴチャと色んなことを考えてしまう私にとって、ゼンタングルと向き合う時間は、ゼンな気分になれる大切なひと時です。

英語版だけですが、ゼンタングルの創始者が運営する公式サイト – https://www.zentangle.com – へもよろしければお立ち寄りください。