English, Untangle ~ Reflection, Zengangle

My Inspiration

There are many people in my life who gave me inspiration, encouragement, support and love while I was on my journey to find confidence in myself to become a Certified Zentangle Teacher and start teaching.

My young friend Hana is someone who has always been special to me, and unknowingly she gave me the extra push that I needed. I met her on her first day into this world, and she has special place in my heart ever since.

About three and half years ago, she was diagnosed with Pilocytic Astrocytoma, a type of slow-growing brain tumor. She underwent surgery, rounds of chemo therapies and of course many tests. She has had more than enough prodding and poking by medical professionals, and now struggles with anxiety.

One day, I was with her family and it was a little stressful situation. I could tell that Hana was trying her best to stay calm. So I decided to pull her aside to a somewhat quiet space and asked her if she wants to learn something I love called Zentangle. She was not really excited about it. I understand that learning something new when you are already feeling stressed seems overwhelming. But she was willing enough to let me start guiding her.

We had a rough beginning because she was already in an agitated state of mind. She was easily frustrated and saying she couldn’t even draw nice shapes that she wanted. I kept reminding her to focus on one stroke at a time and that she doesn’t need to worry about how it will look. As her focus shifted, I could see her shoulders relax and her lines became less shaky. In about 15-20 minutes, she finished her first tile. The sparkle in her eyes was back, and she was very pleased with herself.

Hana-1

This special moment made a deep impression on me. I was on a fence about getting certified as a CZT at that time, but all my doubts disappeared after this experience.

I haven’t seen Hana for several months but I just found out from her mom that she’s tangling on her own using the tangles she learned and taking them to another level. She doesn’t know that what she is doing is called tanglations, but she figured them out on her own. I can’t wait to show her more tangles and see what she will do with them!

Hana-3

Hana-2

Hana recently finished 4th grade and still courageously fighting her battle. You can read her story on Hope for Hana.

アンタングル ~ あれこれ考えてみた, ゼンタングル, 日本語

インスピレーション

ゼンタングル認定講師になるには、色々な意味で勇気が必要でした。家族や友人の支えと励まし、周りの人たちからの応援とインスピレーションなしでは、ここまでたどり着かなかったかと思います。

私にとって、とても特別な存在である、はなちゃんという10歳の女の子がいます。おぎゃーっと産声をあげた日に、病院ではなちゃんを抱っこしてから、もうこんなに大きくなったんだな〜と、彼女に会うたびに、心がふんわりと暖かくなります。本人は気づいていないけれども、子供ならではの純粋さで私の背中をぽーんっと押してくれたのは、はなちゃんでした。

約3年半前に、はなちゃんは脳腫瘍という診断を受けました。6歳の時に手術を受けましたが、すべての癌細胞を取り除くことはできず、抗癌剤の治療を受け、今は薬を飲みながら定期検診で様子を見ています。今でもとってもおてんばで元気な女の子ですが、この若さでの癌治療は精神的なストレスも大きく、神経質で心配性な一面が強く出るようになりました。

ある日、はなちゃんの家族と一緒に時間を過ごしていた時のことです。はなちゃんが、ある状況にストレスを感じてイライラしている様子でした。お母さんは近くにおらず、お父さんは弟の世話で手一杯という状況でした。はなちゃんなりに、がんばって落ち着こうとしていました。そこで、「ねえ、はなちゃん、ゼンタングルっていうのをやってみる?」と声をかけて、少し静かな場所に連れて行きました。はなちゃんは、渋々という感じで私についてきました。まあ、すでにイライラしている子供に、新しいことをやってみろと言っても、それ自体がストレスになりかねませんよね。

それでも、素直についてきてくれたので、ゆっくりとゼンタングルの手ほどきを始めました。はじめは、まっすぐな線が引けない、こんなの無理…と苛立っていた様子ですが、まっすぐじゃなくっていいんだよ、今描いている線に集中すれば先のことは心配しなくていいんだよ、と語り続けて描いていくうちに、ペンを握るはなちゃんの手がリラックスし、姿勢も明らかにリラックスし始めました。15-20分ぐらいで、タイルを描き終えたはなちゃんの目はキラキラと輝き、自分が描いたタイルに大満足の様子でした。

Hana-1

ゼンタングルをあくまで趣味の一つとして続けていくか、ゼンタングル認定講師になるかと迷っていた私に、たくさんの人たちにゼンタングルの良さを伝えていきたい!という決心をつけさせてくれたのは、はなちゃんとのこの経験なのです。

ここ数ヶ月、はなちゃんとは直接会っていないのですが、あの時教わったタングルを使って、今も色々と描いてるのよと、はなちゃんのお母さんが写真を送ってくれました。子供の創造性って本当に素晴らしいですね。こんな風に色々とアレンジしたり、基本的なテクニックを組み合わせたり、はなちゃんオリジナルアートです。また、今度会った時に、他のタングルやテクニックを教えてあげるのが待ちきれません!

Hana-2

Hana-3

はなちゃんは、来年小学校5年生になります。今も闘病しながら、学校生活を続けています。はなちゃんのお話は、英語ですが Hope for Hana というウェブサイトから読むことができます。