Japanese Patterns

Every spring, I take a 1-2 week trip to Japan, the place where I grew up. I’ve come to appreciate my culture more deeply as I spend more and more time outside of Japan. This makes me wish that I paid more attention while I lived there, but I was too young and busy.

I just came back from my annual trip to Japan. This was the first trip since I started exploring the world of Zentangle, and it helped me to understand some of the reasons why I feel drawn to Zentangle designs.

Simple and beautiful patterns can be found everywhere in Japan. We call them Komon (pronounced like “common”) and it literally means “small patterns”.  They have been used on kimono fabrics and buildings for many centuries. As a traditional Japanese dance instructor, my grandmother often wore kimono and I remember some of them had simple geometric patterns much like we see in Zentangle.

One of the many attributes that foreigners praise about Japan is how we harmoniously mix something traditional with something very modern.

Here’s one example I saw by an escalator going up to the top floor of one of the newest department store buildings in Osaka.

These wooden panels are a modern application of a traditional Japanese architectural method. In order to bring more light into a room, carved wood panels (called “ranma”, shown in the image below) were installed in the upper part of the wall.

These panels are no longer used in modern Japanese houses but they are still available if you are willing to pay a small fortune for it. I happened to meet a 5th generation carpenter who takes custom wooden panel orders. He showed me a picture of huge hand carved panel that he’s been working on for about 10 months. I can’t remember the exact size of his project, but the panel itself is more expensive than my house! I guess if you can afford to buy a house that’s big enough to install it in a single wall in Japan, cost is not an issue…

For me, I settled with a couple of small wooden coasters from him. These are laser printed / cut to keep the price affordable, but nonetheless beautiful. If you are familiar with Zentangle patterns, you’ll see some very familiar designs on them like Crescent Moon and Keeko. But these are all traditional Japanese Komon patterns that have been used in Japan for centuries.

One of the Komon patterns that I saw in many different places throughout this trip is called Asanoha. I saw it on purses, tv show sets, coasters and even on bottled water!

I’m inspired to incorporate these traditional designs into my Zentangle practice.

日本の小紋柄

海外での生活が長くなるにしたがって、日本文化に対する敬意が深まってくるものです。日本に住んでいたころは、若かったのと、忙しかったのとで、改めて日本文化について深く考えたりしませんでした。残念なことをしたなと思っています。

毎年、1〜2週間、日本の家族や友人に会うために帰国しています。少し前に日本から戻ってきました。ゼンタングルを描くようになってから初めての帰国だったのですが、今回の旅を通して、どうして自然とゼンタングルに心が惹かれたのか、少しわかったような気がします。

日本では、様々な場面で繊細な模様を見かけます。いわゆる小紋柄ですね。着物の生地や日本建築の中に古くから取り入れられてきたものです。今は亡き祖母が日本舞踊を教えていたので、着物を日常的に目にして育ちました。そういえば、ゼンタングルっぽい小紋柄もあったな…と懐かしく思い出します。

日本は伝統的な古き良きものと近代的な新しいものを組み合わせるのが上手だと、外国の方々からの賞賛を受けています。まさにその例と言えるものが、2013年にオープンした大阪駅前グランフロントのエスカレーター横にありました!

これは伝統的な日本建築で使われる欄間をモチーフにしたものではないでしょうか。欄間とは、自然の光を室内に取り入れ、部屋の換気をよくするために、壁(天井と鴨居の間)に設けられる開口部材のことです。奈良時代から寺社建築に、平安時代から貴族の住宅建築に、江戸時代から一般住宅に取り入れられるようになったそうです。格子状のシンプルなものから、下の写真のような木彫りの繊細なデザインまで色々な欄間があります。

新築の家に見かけることはほとんどなくなりましたが、田舎の方の古い家や、寺社でよく目にします。豪華かつ繊細な欄間を彫ることができる職人さんが減っているのと、かかる手間暇を考えると、手彫りの欄間はけっこうなお値段になるそうです。京都の高島屋で、5代目の職人さんと少しお話しする機会がありました。現在受注・製作中の、とても大きな木彫りのパネル(欄間と呼んでよいのかちょっと不確かです)の写真を見せていただきました。実際の寸法は覚えていないのですが、大きな部屋の壁一面ぐらいかなと思います。ちなみにお値段は、そこいらの一軒家が買えるぐらいです。お金って、あるところにはあるんですね…

一般庶民の私は、職人さんのデザインしたコースターを2枚買って大満足です。これは手彫りではなくレーザーを使って作ってあるので、お手頃価格で購入できます。ゼンタングルをご存知の方にはお馴染みの、クレセントムーンやキーコのようなパターンが見受けられますが、どちらも日本に古くからある小紋柄です。ちなみに、クレセントムーンっぽいのは青海波、キーコっぽいのは市松という名称の小紋柄です。

今流行っているのか、色々な場面で同じ小紋柄を頻繁に見かけました。麻の葉と呼ばれるもので、カバン、テレビ番組のセット、コースター、そして炭酸水のボトルにまで使われていました!

日本の伝統的な小紋柄とゼンタングルのパターンをどうやって組み合わせようかな?とワクワクしています。

An Unexpected Turn of Events

Often times what stops us from having unforgettable moments is our fear. I used to be someone who would pick up a backpack and a one-way ticket to countries that I’ve never been for months at a time. I didn’t know anyone. I didn’t speak the language. I wasn’t fearless. I was young.

It was before the time of the internet and cellphone. The travel information I can get on my destinations was limited to guidebooks. I had to figure out as I went. Now with so much information readily available at our fingertips, I can know almost everything about my destinations before I get there, which is nice. Surprises are not always fun, but sometimes that’s when you encounter something memorable.

When I was invited to a Women’s Wellness Weekend at YMCA Camp Seymour, I initially didn’t even consider going. Three days is a heck a lot of days to be spending with people that are not in my immediate circle of friends. (I’m a total introvert, in case you are wondering.) But I knew if I were to be completely honest with myself, it was fear that was stopping me from saying yes. I didn’t want to become someone who is paralyzed by my own fear, so I convinced myself that this was an opportunity for me to get outside of my comfort zone.

There I was, driving almost 2 hours in rainy Friday traffic, and made it to the very end of the dinner time. And no, I did not go to the dance party later that night..

The following morning, I woke up to the sound of rain, which I still love after many days of rain in Seattle. By the way, the sound of the rain was a part of the inspiration for “Pebbles and Drops”. I took a nice morning walk with a friend, shot some arrows, tiptoed up and down in a barre class, and made my own all-natural henna mix, all in one day! I felt pretty good about myself for trying all these new things. Now, it was time to relax.

I started showing one of my friends how to do Zentangle at the dining hall. Then my other friends showed up and decided to join us. While we are tangling away, an instructor who was teaching an earlier art class stopped by and asked me if she could try. Sure, why not? Other campers walked by our table and asked if they could join us too. Sure! I ended up having an  impromptu Zentangle class. I love sharing about Zentangle with my friends even though I can’t officially teach Zentangle until I get my certification. I may go back to the camp next year as one of the official volunteer instructors.

 

As I explained in my old post, Zentangle is something that you have to experience. At the beginning, none of them were entirely sure what they got themselves into. But as we progressed, each of them found their own rhythm and was entirely absorbed in what they were drawing. Even though the finished artwork is just a bonus in Zentangle, look at the beautiful work they did! None of them had any previous Zentangle experience. Thank you Cindy, Kam, Marie, Danitra, Anna, Meagan and Maria for your willingness to let me teach.

 

What did I learn from this unexpected turn of events? When you open yourself to the world, the world opens itself to you.

思いがけない展開

最近、これは楽しそうだなと思うのに、二の足を踏んでしまうことが増えたような気がします。学生時代はバックパックと片道の航空券を手に、知らない国に数ヶ月の旅に出ることができたのに…。知り合いがいなくても大丈夫。言葉なんてどうにかなる。恐怖心ゼロというわけではなかったけど、若かったんだなぁ。

この当時は、まだインターネットや携帯は一般に普及していませんでした。旅行先の情報収集は、もっぱらガイドブックや口コミから。現地に行ってみないとわからないことがたくさんでした。今は何でもインターネットで調べられる時代なので、旅立つ前に何から何まで情報を集めることができて、とっても便利です。しっかり予定を立てて、無駄なくスムーズに旅することができます。でも、予想外の出来事の方が、かえって思い出深いものになったという経験はありませんか?

少し前に、お友達から「Women’s Wellness Weekend」というYMCAのキャンプに誘われたのですが、あまり気乗りがしませんでした。せっかくの週末はのんびりしたいし、特に親しい友達でもないし、3日間もキャビンで寝泊まりか…など色々な理由があります。でも、自分と正直に向き合った時、これは未知に対する恐怖心からではないかと気づきました。恐怖心から何かを諦めてしまう人にはなりたくない!という思いから、ちょっと頑張って行ってみることにしました。

当日は、雨の中、2時間車を走らせて、夕食ギリギリにキャンプに到着しました。夜はダンスパーティーがあったのですが、のんびりしたい派なのでパーティーはスキップしました。

翌朝、雨がキャビンを叩く音で目覚めました。夏以外はほとんど毎日雨というシアトルに十数年住んでいますが、雨の音は今でも大好きです。ちなみにブログのタイトル「Pebbles and Drops」は、雨の音からもインスピレーションを受けています。友達と森の中を散歩し、アーチェリーに挑戦し、バレリーナの練習を基盤にした”Barre”というエクササイズのクラスに参加し、ヘナタトゥーのレッスンを受け、とっても充実した1日を過ごしました。

そろそろ、リラックスしたいなと思って、食堂でゼンタングルを書いていると、食堂にやってきた友達に興味津々で教えて〜とお願いされました。というわけで二人でゼンタングルを書いていると、会ったこともない人たちが、何やってるの?私もやってみたい!という風に声をかけてくれ、想定外の展開になっていましました。認定講師の資格を取るまでは、正式なレッスンはできないのですが、大好きなゼンタングルをたくさんの人と分かち合うことができました。来年は、インストラクターとしてキャンプでレッスンをしてみようかな?なんて思っています。

過去のポストで、「ゼンタングルを描いてみてビックリ」という経験について書きました。今回、ゼンタングルを試してくれたみんなも、何だろこれは?という感じで始めたのですが、描き進める中で、それぞれが自分なりのリズムを発見し、目の前の紙とペンに完全に意識を集中していました。「できあがった作品は、素敵なおまけだと思ってください」とも書きましたが、みんなの作品を見てくだい!初めてとは思えない美しい仕上がりです。Cindy、Kam、Marie、Danitra、Anna、Meagan、Maria、ゼンタングルを教える機会を与えてくれてありがとう。

自分から心を開けば、思いがけないことがめぐってくるのですね。

Zentangle Method and Japanese Tea Ceremony

I gave a brief overview of the Zentangle Method in my previous post and promised that I would explain in more detail later. If you haven’t noticed, I get easily distracted… So let me explain before I forget.

The Zentangle Method:

1. Appreciation / Gratitude

ZentangleMethod1Take a deep breath and be grateful for the opportunity. Also, take time to appreciate the tools in front of you. The Zentangle tiles are a heavy-weight and acid-free paper made out of 100% cotton. The edges and corners are left uneven to remind us that we are not pursuing perfection. The Sakura Pigma Micron Pen is professional grade, acid-free and an archival. Your drawing will not fade or smudge once it’s dry. (I usually put the date, location, occasion, thoughts, etc on the back side of the tile to make it fun to look back at later.)

 

2. Four corner dots 

ZentangleMethod2With a graphite pencil, draw four tiny dots near each corner. There’s not a whole lot to elaborate here… As long as you have four dots somewhere near each corner, you are good to go. Easy enough?

 

 

 

 

3. Border

ZentangleMethod3Connect dots with a graphite pencil to create a border. The line doesn’t have to be straight. It can be wavy, curvy… (wibbly, wobbly, timey wimey as Dr. Who might say). I went for straight-ish lines in my example.

 

 

 

 

4. String 

ZentangleMethod4Just draw a few random lines with a graphite pencil. The lines can cross each other, loop around… however you feel like. Don’t overthink it. Pretend you are 3 years old and go for it! The string will create smaller sections on your tile and free your mind from worrying about composition. I drew a zigzag on mine this time.

 

 

 

5. Tangle

Now it’s time to pick up your black pen and start filling each section with a tangle of your choice. Again, don’t overthink. You can pick a tangle just by rolling a dice. (I’m not joking. The Zentangle Kit comes with a dice.) At this point, you may start freaking out a little. Pen? What if I make mistake? Remember, the goal here is not to create a perfect piece. It is about enjoying the process. There are no mistakes in Zentangle, only opportunities. If you made a “mistake”, it is actually an opportunity to create your own unique style.

ZentangleMethod5

A. I started with a tangle called ‘Crescent Moon’ on the bottom left corner.

B. I drew ‘Crescent Moon’ in slightly different way in another section.

C. I picked ‘Beeline’ for the upper right corner, and filled the last section with ‘Hollibaugh’.

 

6. Shading

ZentangleMethod6There are many beautiful doodle arts and Zentangle inspired arts (ZIA) without any shading. But shading definitely adds depth and drama to your piece, and provides an opportunity to make the piece uniquely yours. You can see the difference it makes in this example.

 

7. Initial / Sign

ZentangleMethod7You are almost done! Now it’s time to put your signature on your art like a pro. For a small piece like the Zentangle tile (3.5 inch square), it’s probably more fitting to just initial than sign your entire name.

 

 

 

 

8. Appreciation

270418ichigoichieWe are so accustomed to go from one thing to the next. Let’s take a moment to appreciate your art, your friends’ art, the uniqueness of each person and their art, and your experience above all.

Let me share a beautiful Japanese expression, “Ichi-go ichi-e (one time, one meeting)”. It means that this gathering never happened in the past and will never happen in the future. You may see the same person in the same context again, but each meeting should be appreciated and treasured as a one time opportunity.

This expression is believed to have been coined by one of the most renowned tea masters of the 16th century. He underwent Zen training and his philosophy of tea ceremony is still studied and carried on today. Japanese tea ceremony is not about making and drinking a delicious cup of tea. The tea that is served at a tea ceremony may actually be too bitter and undrinkable if you are unaccustomed to it. It is about appreciating and enjoying each moment while the tea is ceremonially made and served. It is an art that values the journey itself, just like Zentangle.

 

ゼンタングルと茶道

ゼンタングルって何?みたいなことについて、前回のブログポストで軽く触れました。ひとつひとつのステップについては、また別のブログポストで説明しますと約束したので、忘れてしまわないうちに書きますね。

ゼンタングルメソッド:

1. 心を落ち着け、感謝の気持ちでスタート

ZentangleMethod1今この時に感謝の気持ちを込めて、ゆっくり深呼吸しましょう。これから使う道具を感謝の気持ちで手に取りましょう。ゼンタングルタイルは綿100%、高品質のしっかりとした紙で、劣化の原因となる酸性成分を使用せずに作られています。角が丸く、周りがガタガタなのは、ゼンタングルは完璧を追求するものではないことを忘れないようにとの意図からです。ピグマシリーズのペン(日本国内で販売されているものは、左の写真とケースのデザインが異なる)は、顔料インキを使用した耐水性、耐光性のあるペンで、プロのイラストレーターさん達にも愛用されています。この紙とタイルを使えば、いつまでも色あせしない作品を描くことができます。今回は、タイルの裏側にサインと日付を入れましたが、場所、その日の気持ちなど、思い出になることをメモしたりもします。

2. 四隅に点を描く 

ZentangleMethod2鉛筆で、四隅に小さな点を描きます。タイルの四隅あたりのどこかに4つ点を描くだけです。あまり濃く描かないのがポイントです。簡単でしょ?

 

 

 

 

 

3. ボーダー(外枠)を描く

ZentangleMethod3次は、鉛筆で4つの点をつなげて、ボーダー(外枠)を作ります。この時、まっすぐの線を引く必要はありません。ふんわり曲がった線や、ぐにゃぐにゃの線、まっすぐっぽい線など、その日の気分で描いてください。写真の例では、まっすぐっぽい線にしてみました。

 

 

 

 

4. ストリング(セクション分け)を描く 

ZentangleMethod4続けて、鉛筆で適当に何本かの線を描きます。交差したり、ぐるっと回ったり、本当に何でもOKです。無限の可能性があります。深く考えず、幼心に戻って、自由に描いてください。ボーダーとストリングによって、小さなタイルの上のスペースが、さらに小さなセクションへと分けられます。初めからセクションに分けてしまうことで、途中で全体の構成に気を取られることなく描くことができます。写真の例では、ジグザクの線を描いてみました。

 

 

 

5. 各セクションにタングル(パターン)を描き入れる

ペンに切り替えて、選んだパターン(タングルと呼びます)を各セクションに描いていきます。ここでも、あまり深く考える必要はありません。サイコロを転がしてタングルを選んでもいいんですよ。(公式サイトで販売されているゼンタングルキットには、本当にサイコロが付いてきます)いきなりペンで描くなんて…間違ったらどうしよう?なんて少し心配ですか?ゼンタングルは完璧を追求するアートではないということを思い出してください。ゼンタングルを描く時、間違いというものは存在しないのです。「あっ、しまった」と思った時こそ、自分らしいスタイルを発見するチャンスなのです。

ZentangleMethod5

A.  Crescent Moonというタングルを左下に描きました。

B. 別のセクションに、少しスタイルを変えて再びCrescent Moonを描きました。

C. 右上にBeelineを描き、残ったセクションをHollibaughで埋めました。

 

6. 陰影をつける

ZentangleMethod6インターネットや布地のデザインなど、ゼンタングルっぽい素敵なデザインを色々な場所で目にしますが、陰影のない平らなデザインが多い気がします。陰影をつけることで、奥行きのある大胆な作品へと大変身します。タングルの中に自分らしさを表現するチャンスでもあります。陰影の有無で、どれだけ違いが出るか、今回の例でも明らかですね。

 

7. イニシャル/ サインを入れる

ZentangleMethod7あと一歩!プロのアーティストみたいに作品にサインしましょう。ゼンタングルタイルは、9センチ x 9センチの小さな作品なので、小さなイニシャルがぴったりかなと思います。

 

 

 

 

 

8. 作品を鑑賞する

270418ichigoichieひとつの事が終わると次へと急いでしまいがちですが、ここで一息ついて、自分の作品、一緒に描いた場合は仲間の作品を鑑賞し、ゼンタングルというアートを通して感じたことを大切にする時間を少し持ちましょう。

一期一会は茶道に由来することわざですが、茶会に限らず、この時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものだから、この一瞬を大切にしようという含意で用いられます。

戦国時代の茶人、千利休の言葉とされています。茶の湯は日常の俗世を離れ、仏教の修行のような生活を理想としています。また稽古は知識で覚えるのではなく、体を通して会得していくもので、座禅を組みながら修行を深めていく方法にも似ています。千利休も禅の修行を受け、禅の思想(精神)を経験しています。茶の湯の醍醐味は、お茶の味ではなく、茶席に招かれ、茶席を去るまでの体験そのものにあります。亭主・客ともに一瞬一瞬の時間を大切にすることが、茶道の醍醐味です。作品そのものではなく、作品ができあがるまでの一瞬一瞬の時間を大切にするゼンタングルと似ていますね。

What is Zentangle?

I like saying “I’m getting certified to teach Zentangle” whenever I get a chance. This  usually solicits a varying degree of confused looks from the other party. I imagine that it is like hearing someone say “I’m getting trained to be a racewalker”. ‘Zen’, ‘tangle’, ‘race’ and ‘walker’, these are very familiar sounding words. You kind of get the general idea from the name itself. You feel like you should know what it is but you are not entirely sure.

Sometimes the conversation just moves along. “Oh, okay. That sounds interesting… I really like my Zumba instructor!” The most typical response that I receive is “Zen…what? What is that?” Then I’m obliged…I mean delighted to explain what Zentangle is.

Here’s the definition according to it’s founders:

The Zentangle Method is an easy-to-learn, relaxing, and fun way to create beautiful images by drawing structured patterns. Almost anyone can use it to create beautiful images. It increases focus and creativity, provides artistic satisfaction along with an increased sense of personal well being. The Zentangle Method is enjoyed all over this world across a wide range of skills, interests and ages.” – Zentangle.com

I usually say something like this. “Well, it’s a super easy artform that anyone can do. You learn and repeat patterns to create a small piece of art. What I like about Zentangle is that the focus is not on the artwork itself, but on the process of creation. It’s really relaxing and it helps you to focus. It has meditation or mindfulness practice aspects and is very therapeutic. You should give it a try.” Then I whip out my iPhone and show some Zentangles from online or in my photo stream.

Thank goodness for technology! A picture is worth a thousand words, right? But recently I’m starting to think maybe showing these images is not as good of an idea as it seems. I just said that the process is more important than the artwork itself, didn’t I? These images, no matter how beautiful they are, do not tell any story on their own. It’s because Zentangle is something you experience, not something you look and admire from afar. The artwork is just a bonus.

If you read my About page, you’ll see that it didn’t really spark my interest until I personally experienced the real Zentangle method. There are 8 steps in the Zentangle method, which I will explain in detail in another blog post, but here’s the overview.

  1. Appreciation / Gratitude
  2. Four corner dots
  3. Border
  4. String
  5. Tangle
  6. Shading
  7. Initial / Sign
  8. Appreciation

Doesn’t it sound fun and relaxing? It’s tempting to look at a beautiful piece online and tell yourself that you can never create something like that. I know, I was there. But don’t you think that we all deserve to experience something beautiful and relaxing in our lives?

By the way, did you know that racewalking is an actual Olympic sport? We tend to focus on the number of gold medals, but just like Zentangle, the Olympic Games are so much more than that.

“The most important thing in the Olympic Games is not to win but to take part, just as the most important thing in life is not the triumph, but the struggle. The essential thing is not to have conquered, but to have fought well.” – The Olympic Creed